• facebook
  • Twitter Square

​© ねや楽器/Newagawa Instruments 2012

​TapTube

真空管を叩くと音が変わる

本体内部の真空管を叩くと、音にワウ(Wah)がかかるエフェクタです. 真空管は外部からの衝撃によってノイズを出すマイクロフォニックという現象が知られており,真空管を使った製品ではマイクロフォニックノイズをいかに抑えるかが課題になります.しかし,ねや楽器はこのマイクロフォニックを逆手に取り,真空管をセンサーとして使ったエフェクタを開発しました.TapTubeとはその名の通り,真空管を叩いて音を出すエフェクタなのです.

真空管にはKORG社のNutubeを採用しました(http://korgnutube.com/jp/)

ベルトでしっかりと固定する

TapTubeを使うときは,付属のベルトでギター/ベースに固定してください.ピックや指で弦を弾いたあと,本体を叩くと音が変わります.通常のエフェクタは電源を入れると動きっぱなしになりますが,TapTubeは本体が叩かれるまで何もしません.振動を拾ってエフェクトをかける新感覚エフェクター,使い道は無限です.

Please reload